作品概要

スープを飲む老人》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1819年から1823年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『スープを飲む老人』または『魔女のスープ』(スペイン名:Dos viejos comiendo sopa)はスペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが1819年から1823年の間に制作した「黒い絵」シリーズの一作である。

ゴヤはこのときには70代半ばに達しており、ひどい失望感に悩まされていた。彼は「聾者の家」(Quinta del Sordo)として知られる家の内壁にこれらの作品群を描いた。これらの絵は一般公開する意図で制作されたものではなかった。『スープを飲むふたりの老人』は家屋の入り口の上部を占めており、絵画『レオカディア』と『ふたりの老人』の間に挟まれていた。

この絵はほかの「黒い絵」シリーズの絵画のように、1874年から1878年の間にマドリードのプラド美術館で修復家サルバドール・マルティネス・キュベルスの監視の下カンバスに移された。所有者バロン・エミール・デルランジュにこれらのカンバスはスペイン政府に寄贈され、現在はプラド美術館に展示されている。

絵画の中で、ふたりの老人は黒い背景から前面にぼんやりと浮かびあがって見える。彼らは男性と仮定されているが、その性別はすぐには判別できない。左の人物の口が歪んでいるのは、おそらく歯が無いためであろう。この生気に満ちた表情と際立った対照をなしているもうひとりの人物の顔からは、生気はまったく感じられない。その両目は暗い洞穴であり、頭部は全体的に頭骨の特徴を有している。

残りの「黒い絵」シリーズの絵画と同じく、ゴヤが使用する技法に示される自信に満ちた筆づかいは、人生において積み重ねてきた画家としての経験に由来するものである。絵具は自由かつ素早く、それでいて決断力に満ちた手に扱わられている。パレットナイフもまた絵画のいくつかの部分を塗るために使用されている。用いられる色は黒、黄土色、土色、灰色だけで、これは残りの「黒い絵」シリーズの作品と同様である。

基本情報・編集情報

  • 画家フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名スープを飲む老人
  • 制作年1819年-1823年
  • 製作国不明
  • 所蔵プラド美術館
  • 種類油絵
  • 高さ49.3cm
  • 横幅83.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • スープを飲む老人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。