作品概要

若い女》は、画家のジョージ・グロスによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《若い女》はドイツの画家ジョージ・グロスによって1924年に制作されたインク画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

1920年代のグロス

第一次世界大戦は、7千万以上の軍人(うちヨーロッパ人は6千万)が動員され、史上最大の戦争の1つとなった。第一次世界大戦の最前線を経験したグロスは、ドイツの民族主義や愛国主義を深く嫌悪するようになり、ドイツの民族主義や愛国主義を嫌って、自らの名前を英語読みのGeorgeに、苗字をハンガリー語表記のGroszに変更した。さらに1919年にはドイツ共産党(KDP)に入党した。

1921年、グロスは、諷刺画集Gott mit uns(神は我らと共に)がドイツ陸軍を侮辱しているとされて告発を受け、書店から没収されると共に、300ドイツマルクの罰金を科せられた。

1922年、ロシアを旅してトロツキーとレーニンに面会した後で独裁組織に嫌気がさし、19年に入党していたドイツ共産党を脱退する。とはいえ、1927年まで共産党の刊行物の常連でありつづけた。

1924年、諷刺画集Ecce Homo(この人を見よ)が猥褻にあたるとされて風俗紊乱で有罪判決を受ける。この年に芸術家組織Rote Gruppe(赤い集団)の会長に就任した。

1928年、”Shut up and keep serving the cause”(つべこべ言わずにお勤め果たせ)と題する絵が神への冒涜にあたるとの理由で告発される。また同年に、Association Revolutionärer Bildender Künstler Deutschlands(ドイツ革命的芸術家協会)の共同創設者となる。

グロスの日本への影響

第一次世界大戦後のドイツの世相を痛烈に風刺した画家であるグロスが日本に始めて紹介されたのは1920年代の初頭である。ミュンヘンやベルリンが芸術都市として知られるようになったこの頃に、ようやくドイツの現代美術も注目されるようになった。そして表現主義やベルリン・ダダ、構成主義、新即物主義などが相次いで日本に紹介されることになった。

グロスの作品は日本の前衛美術家たちに大きな衝撃を与え、大いに賞賛された。

ベルリン・ダダ

ダダイズムは、1910年代半ばに起こった芸術思想・芸術運動のことである。第一次世界大戦に対する抵抗やそれによってもたらされた虚無を根底に持っており、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする。ダダイズムに属する芸術家たちをダダイストとよぶ。

ドイツではリヒャルト・ヒュルゼンベックがベルリン・ダダを旗揚げし、ラウル・グロスマン、ジョン・ハートフィールド、ジョージ・グロス、ジャン・アルプ及びハンナ・ヘッヒらが集った。グロスは特に、ベルリン・ダダと新即物主義派の中心的メンバーの一人であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョージ・グロス
  • 作品名若い女
  • 英語名Young Girl
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類インク画
  • 高さ59.4cm
  • 横幅39.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 若い女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。