作品概要

偶然の法則による星座》は、画家のジャン・アルプによって制作された作品。制作年は1930?年から1930?年で、TATE Modernに所蔵されている。

詳細な画像を見る

本作はフランス人芸術家、ジャン・アルプが1930年頃に制作した小規模な長方形のレリーフ絵画である。8つの白黒バイオモルフィック(生命形態的)図形は、白い板面の上に描かれた図形と、立体的に配置された図形によって構成されている。

本作の構成

3つの卵型の図形がレリーフとして浮かび、照明の下で影を投げかける。それらは板面に直接描かれた5つの黒い図形の合間に配置されている。黒い図形のうちの3つは中央に集約しているが、先端は白い図形の方に向かって延び、中には白い図形と触れているものもある。残りの黒い図形2つは、左下と上部でそれぞれ、画面に入り込もうとしているか、もしくは逆に出ていこうとしているかのようだ。木製の白いフレームが本作品の構成を際立たせ、広がりを持たせている。

アルプによる構図の決定

本作はアルプが1928年に移住したパリの南西に位置する都市、ムードンのアトリエで制作された可能性が高いとされる。作品中の白い図形はある職人からの注文によって制作されたが、アルプはそれらを黒い図形に沿って配置した。それらの図形がどの順序で画面に加えられたのかということについてははっきりしないが、アルプ自身が構図を決定したことは確かである。

1983年、美術品収集家のピエール・ブリュギエールは、1930年以降のアルプについて、最終的な構図を決定するに至る段階でしばしば木製の図形を作品の中であちらこちらと動かしていた様子を回想している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン・アルプ
  • 作品名偶然の法則による星座
  • 英語名Constellation According to the Laws of Chance
  • 分類彫刻
  • 制作年1930?年 - 1930?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵TATE Modern (イギリス)
  • 種類彫刻
  • 高さ77.2cm
  • 横幅91cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 偶然の法則による星座の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。