作品概要

1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1814年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘』は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤ作の油彩画である。

本作品は、マドリードのソル広場近くにあるアルカラ通りが舞台となっており、「1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺」という作品と対になっている。半島戦争の引き金となったフランス軍の占領に対し、大勢のスペイン市民が起こした反乱の1つを描いている。1814年、2ヶ月の月日をかけ2作品とも完成させた。現在、マドリードのプラド美術館で展示されている。

本作品は、フランス軍の奴隷兵部隊が市民による暴動を鎮圧するよう命じられた際の、反乱の始まりを描いている。群衆は、怒りを煽る奴隷兵部隊をムーア人とみなしている。群衆は散り散りになるどころか、奴隷兵部隊の突撃に開き直り、激しい騒動となった。

ゴヤは、おそらく実際の奴隷兵部隊による突撃の場にはいなかっただろう。ゴヤの死後40年経って出版された本で、著者がゴヤの庭師と行っていたと主張する対談を伝えたことにより、ゴヤと思われる存在が初めて示唆された。本作品と対の作品は、ナポレオン軍がスペインから撤退した後の1814年、フェルナンド7世の帰還までスペインを統治した評議会から依頼されたものだ。ゴヤは、戦闘のプロである占領軍を攻撃する際、短刀のような無骨な武器で立ち向かう無名の英雄としてマドリード市民を描くことにした。しかし、帰還した国王には気に入られなかったため、両作品とも、長いこと一般に向けては展示されなかった。

ゴヤは、この劇的事件の混沌さを際立たせるべく、動きが単一にならないよう、そして作品の中心となる部分を持たせないようにした。

基本情報・編集情報

  • 画家フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘
  • 制作年不明-1814年
  • 製作国不明
  • 所蔵プラド美術館
  • 種類油彩
  • 高さ266cm
  • 横幅345cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 1808年5月2日、エジプト人親衛隊との戦闘の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。