作品概要

スフィンクスの羊飼い》は、画家のレオノール・フィニによって制作された作品。制作年は1941年から1941年で、グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スフィンクスの羊飼い》は、レオノール・フィニによって1941年に制作された油彩画である。グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

描写

画面の中央に、スフィンクスの群れを見渡して指揮棒を持っている、力強い女性が描かれている。彼らは皆、砂漠のような無人の風景の中にいる。壊れた卵の殻や骨、地面に散らばっている遺骸によって、荒廃の感覚がさらに強調されている。このように広大で荒涼とした風景は、ケイ・セージやトワイヤンなどの女性シュールレアリストや、レメディオス・バロによって探求されたものである。

スフィンクスを多く描いた画家

スフィンクスは、鳥の羽を持つこともある、獅子の体に女性の頭を持つ神話の混合生物である。このモチーフは、1940年代、フィニの多くの絵画に繰り返し用いられた。この架空の生物に触発されたフィニは、1951年にエジプトを訪れ、巨大な石に彫られた実際のスフィンクスを見ている。スフィンクスはこれ以前にも、19世紀のベルギーの画家、フェルナン・クノップフの象徴的な作品に描かれていた。

変容の象徴

スフィンクスは、長い間死や破壊と関連づけられてきたが、同時に変容の概念にも関連している。美術史家ウィットニー・チャドウィックは、「スフィンクスの形が、現代女性に失われているすべての力を行使すると仮定することにより」、誰もが自分のアイデンティティの形成に積極的に参加し、自らを再構築する力を持っている、と述べている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家レオノール・フィニ
  • 作品名スフィンクスの羊飼い
  • 英語名The Shepherdess of the Sphinx
  • 分類絵画
  • 制作年1941年 - 1941年
  • 製作国不明
  • 所蔵グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ46.2cm
  • 横幅38.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スフィンクスの羊飼いの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。