作品概要

小さな洗濯女》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1896年から1896年で、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《小さな洗濯女》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1891年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

特徴的なデザイン

ボナールは1891年から1947年の間に、演劇のプログラム、展覧会の告知、楽譜、本や雑誌のイラストなど、120以上の出版物を制作している。成功したシャンパンの広告、《フランス・シャンパーニュ》(1891年)が有名である。その後、前衛作家の作品や画家の版画を掲載した定期刊行誌「ラ・ルヴュ・ブランシュ」のものを含む、9枚のポスターが制作された。「ラ・ルヴュ・ブランシュ」は、エドゥアール・ヴュイヤールやピエール・ボナールを含む画家世代の活動を促進する上で、必要不可欠な役割を果たした。

ボナールのポスターには、調節されていない色、平坦な空間の遊び心ある描写、シルエットとテクスチャの装飾的な扱いなど、多くのデザイン上の特徴がある。

画集の中の版画

パリの洗濯業者に雇われている何千人もの女性や少女のうちの一人を描いた本作《小さな選択女》では、同様の形と空間の処理が見られる。これは有名なパリの出版業者アンブロワーズ・ヴォラールによって発行された画集の中の、様々な画家による22枚の版画の1つであった。

ヴォラールが出版したボナールの他の作品には、彼が挿絵を描いたポール・ヴェルレーヌの「雙心詩集」が含まれていた。ボナールの官能的なリトグラフとポール・ヴェルレーヌのエロティックな愛の詩は巧みに統合し、画家を起用した本の良い例となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名小さな洗濯女
  • 英語名The Little Laundry Girl
  • 分類絵画
  • 制作年1896年 - 1896年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館など (アメリカ)
  • 種類リトグラフ
  • 高さ57.2cm
  • 横幅42.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 小さな洗濯女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。