作品概要

親密さ》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1891年から1891年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《親密さ》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1891年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

親密派の画家

ピエール・ボナールは、ナビ派(ナビは「預言者」という意味)と呼ばれる画家グループのメンバーであった。彼は、自身の周囲にあるような、シンプルな日常生活の場面を描くことに魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

描写

この魅力的で巧みな作品は、ボナールの友人の1人、作曲家クロード・テラス(1867-1923)を描いたものである。彼は厚いコートを着て腰掛け、帽子をかぶってパイプをくわえている。左側の暗い部分には、画家の妹でありテラスの妻であるアンドレ・ボナールの横顔が見える。前景を横切る、煙が立ち上がる長いパイプを持つ紫色の手は、ボナール自身のものであることに間違いない。このようなフレーミングのインスピレーションは、ナビ派の画家達が好んだ日本の浮世絵から来たものである。

効果と雰囲気

この作品は、ボナールの最初の「親密派」作品の一つである。ボナールがキャリア初期から会得していた自由な構成を表している。 2つのパイプとアンドレのタバコから出る渦巻く煙は、壁紙の驚くほど装飾的なアラベスクにマッチしている。これらの要素は、すべて余白を減らす効果があり、全体的な雰囲気は暖かく、やや神秘的なものとなっている。3人の間には、感情的かつ知的なつながりがあるように感じられる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名親密さ
  • 英語名Intimacy
  • 分類絵画
  • 制作年1891年 - 1891年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ38cm
  • 横幅36cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 親密さの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。