作品概要

二人の老人》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1819年から1823年で、プラド美術館(スペイン)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『二人の老人』は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが1819?1823年に描いた作品で、14作品からなる「黒い絵」シリーズの1つである。ゴヤは当時70代半ばであり、精神的にも肉体的にも苦しい時期だった。1819年、ゴヤ自身が購入した「聾者の家(キンタ・デル・ソルド)」という名で知られる家の内壁に描かれた。

本作品では、黒い背景を背にして修道士の服を着た2人の老人が立っている。長いあごひげを蓄えた手前の人物は背が高く、杖をついている。時の神クロノスなのかもしれない。その傍には、非常に風刺的に描かれた人物がおり、動物のような顔をしている。この人物は、相手の耳に向かって叫んでいるようで、ゴヤの耳が聞こえないことを暗に示しているのかもしれない。

2人の人物の表現方法には顕著な違いがある。落ち着いた表情ではあるが悲しそうに杖をつくあごひげの人物は、ゴヤが模写していたベラスケス作の哲学者たちを思い起こさせる。対照的に、もう1人の怪物のような姿は、ゴヤ自身が描いた「ロス・カプリチョス(気まぐれ)」や「ロス・ディスパラティス(妄)」の修道士を連想させる。

「黒い絵」シリーズは、誰かに見せるつもりで描かれた作品ではない。おそらく、家の1階にあった「ユーディットとホロフェルネス」という作品の反対側にあったのだろう。このシリーズの他作品と同様に、本作品は、プラド美術館の館長サルバドール・マルティネス・クベルス指揮のもと、1873?1874年にキャンバスへ移された。1881年、この作品群は、所有者のエミール・デランジェ男爵によりスペイン政府に寄贈され、現在はプラド美術館に所蔵されている。

基本情報・編集情報

  • 画家フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名二人の老人
  • 制作年1819年-1823年
  • 製作国不明
  • 所蔵プラド美術館(スペイン)
  • 種類壁からキャンバスへ
  • 高さ146cm
  • 横幅66cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 二人の老人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。