作品概要

赤への返答》は、画家のイヴ・タンギーによって制作された作品。制作年は1943年から1943年で、ミネアポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤への返答》はフランスの画家イヴ・タンギーによって1943年に制作された油彩画である。ミネアポリス美術館に所蔵されている。

初期アメリカ時代

本作《赤への返答》は、1939年から1945年のタンギーの「初期アメリカ時代」における作品である。この時代のタンギーの絵画は、明るい色彩と、独特のモチーフである不定形の物体群によって特徴付けられる。このシュールで空想的な風景において、考えぬかれた精密な方法を使用することでタンギーは、非現実的かつ超現実的は描写を我々に示してくれる。

タンギーは自分の絵の変化についてこのように述べている。「合衆国に来てから私の絵のなかに起こったと気づくただひとつの変化は、たぶん、パレットの変化である。どうして色調がこのように強くなったのか。わからない。ただ、ここにはひとつの大きな変化があると思いあたる。たぶん、光のせいなのだろう。それに空間が広くなったという感じもある。ここでは空間を広くつくれる。だから私はここに来た」。

多くの場合、夢の状態を喚起するような不可解なタイトルは、より深い意味あるいは作品における真実を探求させるようにシュルレアリスト達によって用いられていた。

イメージの領域

タンギーのイメージは、構成要素自体が明確な指示対象を持たない「不透明なイメージ」であり、読解を無化してしまう性質を持っている。こうした特殊性は、徹底的に言語を逃れようとする性質とも言い換えられる。このことはシュルレアリスムの視覚イメージが常に言語とのつながりを保持してきたことからすれば異質である。

タンギーのイメージは自らの領域に言語を侵入させることを拒む。わずかにその境界線上にタイトルが存在するのみである。そして最終的に、タンギーのイメージが持つ固有の領域に残るのはただイメージのみである。タンギーについて思考を進めていけば、最終的に辿り着くのはこのイメージ以外に還元できないイメージの領域となる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家イヴ・タンギー
  • 作品名赤への返答
  • 英語名Reply to Red
  • 分類絵画
  • 制作年1943年 - 1943年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ミネアポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ122.6cm
  • 横幅110.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤への返答の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。