作品概要

白黒の私の生》は、画家のイヴ・タンギーによって制作された作品。制作年は1944年から1944年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《白黒の私の生》はフランスの画家イヴ・タンギーによって1944年に制作された油彩画である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

アメリカ時代

第二次世界大戦(1939年から1945年までの6年間にわたる)の勃発にともない、アメリカに亡命した後の1940年代の作品では、色彩が一層明るく鮮やかになり、また画面空間に対して不定形の物体群が占める割合がしばしば大きくなり、結果として物体群の巨大化あるいは空間の巨大化といった印象をもたらすものとなっている。

タンギーは自分の絵の変化についてこのように述べている。「合衆国に来てから私の絵のなかに起こったと気づくただひとつの変化は、たぶん、パレットの変化である。どうして色調がこのように強くなったのか。わからない。ただ、ここにはひとつの大きな変化があると思いあたる。たぶん、光のせいなのだろう。それに空間が広くなったという感じもある。ここでは空間を広くつくれる。だから私はここに来た」。

巨大な物体

本作《白黒の私の生》で、まず目を引くのは巨大な物体である。画面を支配する色彩はやや薄暗いものの、物体のフォルムは明確であり、1930年代の作品に比して物体群は巨大化している印象を受ける。1940年代半ばのタンギーの作品でしばしば見られるシュルレアリスムのコラージュ技術を使用したものとも考えられる。

多くの場合、夢の状態を喚起するような不可解なタイトルは、より深い意味あるいは作品における真実を探求させるようにシュルレアリスト達によって用いられていた。

バイオモーフィズム

タンギーのイメージに関して頻繁に用いられる形容詞の中に「バイオモーフィック」という語がある。この語は「生命形態的」などと訳され、アメーバや細胞などの生命体を思わせる曲線的かつ流動的な形態を持ったイメージを形容するのに用いられる。バイオモーフィズムという語はかなり広汎に適用され、「印象主義」や「キュビズム」といった1つの様式としてではなく、より曖昧な意味において、いわば1つの「傾向」として認識されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家イヴ・タンギー
  • 作品名白黒の私の生
  • 英語名My Life, White and Black
  • 分類絵画
  • 制作年1944年 - 1944年
  • 製作国アメリカ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ90.8cm
  • 横幅75.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 白黒の私の生の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。