作品概要

ラ・ルヴュ・ブランシュ》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1894年から1894年で、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ラ・ルヴュ・ブランシュ》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1894年に制作されたカラー・リトグラフである。

ボナールは1891年から1947年の間に、演劇のプログラム、展覧会の告知、楽譜、本や雑誌のイラストなど、120以上の出版物を制作している。成功したシャンパンの広告、《フランス・シャンパーニュ》(1891年)が有名である。

1890年代の雑誌のポスター

この作品には、19世紀末の繊細さと洗練さが刻印されている。単なる定期刊行物ではなく、文化的期間に作られた広告として貴重なものである。1890年代の著名な文芸誌である「ラ・ルヴュ・ブランシュ」は、エドゥアール・ヴュイヤールやピエール・ボナールを含む画家世代の活動を促進する上で、必要不可欠な役割を果たした。彼らは他の若い画家たちとともに、装飾的な原則と大胆なデザイン戦略に特化した画家グループである「ナビ派」を結成した。

独自の様式

ボナールは、グループ内で最も才能豊かで生産的なグラフィックアーティストであった。ゴーギャンと日本の浮世絵に影響されたボナールは、それらを最先端かつ無造作な独自の様式へと適応させた。このリトグラフ・ポスターでは、落ち着いた現代風の女性が、やんちゃな子供に押されている。ボナールが当時楽しんだ非対照的なシルエットや色合いを追い求めるために、レタリングやレイアウトの繊細さは放棄されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ラ・ルヴュ・ブランシュ
  • 英語名La revue blanche
  • 分類絵画
  • 制作年1894年 - 1894年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館など (アメリカ)
  • 種類カラーリトグラフ、紙
  • 高さ80.9cm
  • 横幅62.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ラ・ルヴュ・ブランシュの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。