作品概要

フランス窓(ル・カネの朝)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1932年から1932年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《フランス窓(ル・カネの朝)》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1932年に制作された油彩画である。

創造の過程

ル・カネは南東フランスのカンヌ北部郊外、コート・ダジュールにあるリゾート地である。プロヴァンス・アルプスの斜面に位置するル・カネは、地中海とカンヌ湾を見下ろすことができる。ボナールは1926年にル・カネに家を購入し、1931年頃から1947年に死去するまでそこに住んでいた。

このボナールの素晴らしい作品は、彼の探求を理解するのに役立つ。この作品で鑑賞者は、完成した絵画を見ているだけでなく、理想の創造のにおける経過全体を目撃する。私たちは、ボナールの場面に対する第一印象を体験し、ボナールがモデルである妻マルトを見ながら、絵の最初のアイデアを想像する場面を見ることになる。

描写

彼女は彼、ボナールの向かいにいる。その頭の後ろに、おそらく彼女の姿を紙にスケッチしている画家の姿が映っている。これらは鏡の中で行われているのに対し、ボナールが鏡の前の彼女を見ていたように、鑑賞者はボウルを傾けて混ぜ合わせることに熱中しているマルトの姿を見る。

絵画では、マルトの姿がはっきりと、詳細に描かれている。ボウル(と同時に内面)を見ているマルト、そのボウルをつかむ手の力強さの描写を慎重に観察して初めて、鑑賞者は鉛筆の跡や、絵の具の上から引っ掻いたり刻み込んだりした跡に気づくことができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名フランス窓(ル・カネの朝)
  • 英語名The French Window(Morning at Le Cannet)
  • 分類絵画
  • 制作年1932年 - 1932年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ88.5cm
  • 横幅113.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • フランス窓(ル・カネの朝)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。