作品概要

庭の若い女》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1924年から?で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

自死した画家の友人の女性

《庭の若い女》は、ボナールが1920年代初めに制作を開始させ、その後20年以上もの間完成しなかった作品である。中央に描かれているのは、若くして自死した画家の友人、ルネ・モンシャティである。光は髪の毛と右肩に落ちるのみで、顔は深い影に覆われ、こちらを見て座っている。右側にはボナールの妻マルトが描かれており、彼女を見ている。画面底から立ち上がるガーデンチェアは、2人の女性を隔てているが、結びつけてもいる。

描写

左下に半分だけ描かれている犬は、三角形の構図を形成している。三角形は、2つの曲線の間にある。花びらに満たされた黄色の晴れやかな背景は、影に覆われた暗い前景を押しているようであり、画面に14世紀の宗教画のような平坦さを与えている。

テーブルのラインは傾斜しており、絵の中の最も明るい物体である果物は、ボウルから飛び出し、テーブルを転がり出しそうである。ボナールは、明るい色の点を表面に施し、外形を無視して塗り、深みを作り出している。

記憶から描かれた絵画

ボナールは、多くの作品を記憶から描き、正確な人や場所ではなく、瞬間の精神を捉えた。ボナールは実物を見て描いたのではなく、時には写真を撮って、色をメモしていた。 彼はその後、アトリエでノートに基づいて作品を描き、色付けをした。

本作も、記憶から描かれた絵である。ルネの姿は、揺るぎない虹色で何度も修正されている。その一方で、果物は早い時期に描かれた可能性がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名庭の若い女
  • 英語名Young Women in the Garden
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 不明
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ60cm
  • 横幅77cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 庭の若い女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。