作品概要

レイラ・クロード・アネの肖像》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1930年から1930年で、ノートン・サイモン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《レイラ・クロード・アネの肖像》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1930年に制作された油彩画である。ノートン・サイモン美術館に所蔵されている。

光と色彩と構造

大学の法学部に入学し、そこで短期間法律を勉強した後、ピエール・ボナールは絵画制作に専念するようになった。1889年に入学したエコール・デ・ボザールにて出会った彼の生涯の友人、エドゥアール・ヴュイヤールのように、ボナールは形に焦点を当て、とりわけ光と色彩と構造を賛美することによって、芸術の精神的、象徴的な可能性を探求した。

描写

このレイラ・クロード・アネの肖像画は、有名な作家で美術収集家でもあった彼女の父親、クロード・アネからの依頼で描かれた。構成はかなりシンプルである。レイラは、豪華なストライプのアームチェアに座っている。手を膝の上に置き、脚を上品に組み、鑑賞者を直接眺めている。

20世紀の様式

実際、内容に関しては、この肖像画は19世紀半ばに描かれた過去の画家による作品と大きく異なるわけではない。しかし様式においては、この印象的でモダンなモデルにふさわしい、20世紀らしさを残している。茶色の影は赤くなり、赤い縞が黄色になり、それぞれが奥行きと形を定義してる。白いセーターとスカートの色合いや、暖炉のくぼみから出てくるカーペットのギザギザの部分は、ボナールの色と光のコントロールによって構成されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名レイラ・クロード・アネの肖像
  • 英語名Portrait of Leila Claude Anet
  • 分類絵画
  • 制作年1930年 - 1930年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ノートン・サイモン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ124.5cm
  • 横幅82.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • レイラ・クロード・アネの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。