作品概要

納屋(家畜小屋の牛)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《納屋(家畜小屋の牛)》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1912年に制作された油彩画である。スペイン・マドリードにあるティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

シンプルな画風

本作《納屋》は、本質的にはより写実主義的、より自発的かつ直接的な画家の、異なる側面を明らかにしている。ここで彼は、より様式化された詩的な作品で用いた技術を脇に置き、17世紀のオランダの巨匠による作品のシンプルさを採用している。牛、ロバ、鶏のいる家畜小屋は、牛の乳を搾る女性が前景に描かれた《田園交響曲》(1916-1920年)など、より野心的な作品の自然主義的逆転である。

キリスト生誕の暗示

納屋は、キリストの誕生という暗示を示している可能性もある。1896年のゴーギャンによる2つの作品、《生誕》(エルミタージュ美術館蔵)と《神の子》(ノイエ・ピナコテーク蔵)が、本作の先例となっている。どちらの作品も、オクターヴ・タサエールの《納屋の中》から取った納屋に牛のモチーフを入れ、それをキリストの誕生の象徴と結びつけている。

鮮やかな色の調和

場面は、ドラクロワを思い起こさせるゆるい筆遣いで描かれている。干し草の山には、ボナールの最も美しい風景画だけでなく、他の作品におけるベッドカバー、カーテン、タペストリー、妻マルトのドレスの模様などにも見られるような、色の鮮やかな調和、組織化が見られる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名納屋(家畜小屋の牛)
  • 英語名The Barn (Cow in the Stable)
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ47cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 納屋(家畜小屋の牛)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。