作品概要

ミシア・ゴデブスカ》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1908年から1908年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

モデルについて

ポーランドの彫刻家シプリアン・ゴデブスカの娘ミシア・ゴデブスカ(1872-1950)は、20世紀初めにパリの文学界、芸術界におけるミューズであった。彼女の崇拝者には、作家のマルセル・プルースト、エミール・ゾラ、ステファヌ・マラルメ、ジャン・コクトー、画家ではオーギュスト・ルノワール、アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック、エドワール・ヴュイヤールらがいた。

制作の背景

ミシアの最初の夫であるタデ・ナタンソンによって設立された雑誌「ラ・ルヴュ・ブランシュ」に関係していた画家のグループと一緒にサロンを訪れたピエール・ボナールは、後にミシアのアパートの絵画室に飾る絵の制作を依頼された。そのとき彼女は、裕福な出版業者であったアルフレッド・エドワーズと結婚していた。《歓喜》、《戯れ》、《航海》、《洪水の後》からなるこれらの装飾パネルは、幻想に満ちた詩的なインスピレーションを表している。

18世紀のフランスの肖像画の影響

この肖像画は、マダム・エドワーズを囲む新しいバロック様式の高級品を多く描いている。モデルのポーズと、画家が彼女の絵画室に描いたシーンを連想させる華やかな雰囲気は、18世紀のフランス人の肖像画の豪華さを思い起こさせる。フラゴナール、あるいはヴァトーの影響は、衣服と背景の魅力的な形や、モデルのメランコリックな風貌の両方において明らかであるが、絵画はルノワールの晩年期の作品を思い起こさせるような官能的な雰囲気を持っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ミシア・ゴデブスカ
  • 英語名Misia Godebska
  • 分類絵画
  • 制作年1908年 - 1908年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ147.5cm
  • 横幅114.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ミシア・ゴデブスカの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。