作品概要

日光》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1923年から1923年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《日光》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1923年に制作された油彩画である。ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

ナビ派の創設者

ピエール・ボナールは、ナビ派と呼ばれる画家グループのメンバーであった。しかしボナールは、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

制作の背景

1920年代は、ボナールは絶えず風景に焦点を当てて作品制作をした。彼の作品の多くは、セーヌ川流域のヴェルノン近郊に所有していたノルマンディーの家で描かれた。カンヌ近郊のル・カネに移り住んだときも、彼は毎年ノルマンディーを訪れ続けた。印象派とは対照的に、ボナールは風景画を主題から直接描くのではなく、むしろスケッチの助けを借り、アトリエで記憶から絵を描いた。ボナールは、ノルマンディーで制作を始め、ミディ地方で絵を完成させ、北と南の印象を調和させることに喜びを感じていた。

描写

この作品は、森林地帯の緑豊かな庭がある、ノルマンディーの画家の家の風景を描いたものである。前景には、猫と曲がりくねった道が描かれ、背の高い木の大きさをユーモラスに示している。背景には、川のほとりを垣間見ることができる。川は、セーヌ川の支流であり、ボナールは船でそこを探索していた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名日光
  • 英語名Sunlight
  • 分類絵画
  • 制作年1923年 - 1923年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ63.2cm
  • 横幅62.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日光の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。