作品概要

自画像(1889)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1889年から1889年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《自画像(1889)》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1889年に制作された油彩画である。

日常生活の場面を愛した画家

ピエール・ボナールは、ナビ派(ナビは「預言者」という意味)と呼ばれる画家グループのメンバーであり、平坦な描写を使用し、三次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていた。しかし、ボナールはナビ派のメンバーではあったものの、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

複数ある自画像のうち、一番若い姿を描いた作品

ボナールは、心理的な肖像画には長けていなかった。 しかし、自画像においては熟練者であった。彼の自画像たちは、20世紀絵画において比類のないものである。ボナールは鑑賞者に、自身の目で世界を見るように強いた。

彼の複数の自画像の中には画家自身が存在してがおり、鑑賞者は彼と一緒にいる。ボナールの自画像はこの意味で印象的である。鑑賞者は、自画像によって彼の一生を辿ることができる。例えば、1889年の自画像では、若い男がこちらを見ている。世間に認められることや名声を願う彼のまなざしは、断固とした意志を表している。彼が戦士として持っている筆とパレットは、盾と剣に言い換えることができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名自画像(1889)
  • 英語名Self-portrait
  • 分類絵画
  • 制作年1889年 - 1889年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ21.5cm
  • 横幅15.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像(1889)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。