作品概要

四大陸》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は1615年から1616年で、ウィーン美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「四大陸」は、フランドルの画家ピーテル・パウル・ルーベンスによる油彩画。1615年から1616年にかけて製作され、大きさは209x284cmである。現在はウィーン美術史美術館が所蔵している。

絵の題材になっているのは表題のとおり四つの大陸である。当時別々の大陸だと考えられていたヨーロッパ、アジア、更にアフリカ、そして当時未知の地域が多かったアメリカ大陸とそれらの大陸それぞれにある大河が描かれている。オーストラリアには1615年当時既にヨーロッパ人が到達していたがここでは描かれていないが、西洋の入植が本格的にはじまったのも18世紀に入ってからである。南極大陸も当時はヨーロッパからの到達はなかったと考えられている。

「四大陸」ではアジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの四つの大陸はそれぞれ女神を思わせる女性の姿に擬人化されており、その隣に同じく人の形をとった河が配置されている。

左端に描かれているのがヨーロッパであり、そのそばではドナウ川が櫂を手にしている。アフリカは中央に描かれており、そのそばには擬人化されたナイル川がいる。

虎を足元に従えている女性がアジアを象徴しており、彼女の隣にはガンジス川が描かれている。アジアの左手奥に描かれているのがアメリカ大陸で、ラプラタ川が隣に描かれている。女性たちのとなりの擬人化された川が各大陸のどの川のアレゴリーであるかに関してはこのほかにもさまざまな説がある。

基本情報・編集情報

  • 画家ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名四大陸
  • 制作年1615年-1616年
  • 製作国不明
  • 所蔵ウィーン美術史美術館
  • 種類油彩
  • 高さ209cm
  • 横幅284cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 四大陸の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。