作品概要

小麦を背景に立つ若い女性》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、ワシントン・ナショナルギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「小麦を背景に立つ若い女性」はフィンセント・ファン・ゴッホによりフランスオーヴェル=シュル=オワーズにて、1890年、彼の人生最後となる月に制作された。1963年以降、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。オワーズにてゴッホは1人の女性をモデルにした作品を2点制作する。

彼は、モデルの女性のことを「空色のリボンがついた大きな黄色の帽子をかぶった農婦」と称している。本作品の次に制作されたものは「小麦畑に座る麦わら帽の若い農婦」である。ゴッホは、見る人に向けて、意図した劇的効果を生み出すピクチャープレーンを活用している。画面全体に女性を描き、見る人との距離の近さを表し、更に女性の顔を影で覆い、ぼんやりと焦点の合わない眼差しにしている。女性を近くに描くことにより、見る人に対して激しい心象を与えている。

1890年5月、ゴッホはサン・レミを出てパリに向かい、彼の弟テオ、テオの妻であるヨハンナ、新生児のフィンセントとともに3日間過ごしたが、過去の経験とは異なり、パリの喧騒にゴッホはもはや馴染めず、精神が不安定になるので制作活動する場所ではないことを悟る。テオと画家カミーユ・ピサロからガシェ医師を紹介され、ゴッホはオーヴェル=シュル=オワーズに転地することになる。ガシェはその診察を担当した。ラヴー旅館のひと部屋に住み、ガシェと親交を深めていった。「新しい兄弟のように感じる。」とガシェへの想いを綴っている。ガシェとガシェの娘二人ともゴッホの絵のモデルとなっている。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名小麦を背景に立つ若い女性
  • 制作年1890年-1890年
  • 製作国不明
  • 所蔵ワシントン・ナショナルギャラリー
  • 種類油絵具
  • 高さ66.7cm
  • 横幅45.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 小麦を背景に立つ若い女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。