作品概要

ベットの上の裸婦》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1887年から1887年で、バルネス基金に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1887年にパリで描かれた作品で、ゴッホはこの作品の完成に、珍しく6ヶ月もの時間を要した。

西洋絵画の歴史において、ベットに横たわる「人間」の裸婦が最初に描かれたのは、1863年にエドアール・マネがパリで出展した「オリンピア」であったと評されている。「オリンピア」は、入選はしたものの、描かれているモチーフが、誰の目にも娼婦であることが明らかで、当時のアカデミー絵画の常識を覆し、執拗な批判を被ったが、19世紀から20世紀に至る西洋画の歴史において、女性描写の変革をもたらした。つまり、女性の裸体が、宗教や神話の世界から離れて、写実として人間のままに描かれるようになった。

ゴッホが1887年にパリで描いた「ベットの上の裸婦」を描くにあたり、マネの影響を否定することはできない。ゴッホは女性描写を理想化して、宗教的に定められた描写技法や諸規範に従うことを否定すると言うよりは、初めからから考慮しなかった。

「オリンピア」が描かれてから20年を経たパリでは、女性はすでに画家の写実描写の対象となっていたことが、伺える。 ゴッホは、女性の裸体をありのままに描くことが画家として自ら前進することに必要で、そのためにこの(父のいない娘をもつ)女性を支援するから、私にすこし余分に仕送りをして欲しいと、弟のテオに1883年6月3日と6月5日に送られた書簡で延べている。

「ベットの上野裸婦」は横幅73センチメートルの大きい作品だが、このためにゴッホは少なくとも2枚の裸体の油絵を同一人物をモデルに描いている。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名ベットの上の裸婦
  • 制作年1887年-1887年
  • 製作国不明
  • 所蔵バルネス基金
  • 種類油絵具
  • 高さ59.5cm
  • 横幅73cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベットの上の裸婦の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。