作品概要

部分的に解体された鹿の近くの犬と猫》は、画家のヤン・バプティスト・ウェーニクスによって制作された作品。制作年は1645年から1660年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

部分的に解体された鹿の近くの犬と猫。切り開かれた鹿の静物画。脚をつるされ、ナイフと取り除かれた内臓がテーブルの上に置かれている。右には吠えている犬がおり、左では、カーテンのところに猫がいる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・バプティスト・ウェーニクス
  • 作品名部分的に解体された鹿の近くの犬と猫
  • 英語名A Dog and a Cat near a partially disembowelled Deer
  • 分類絵画
  • 制作年1645年 - 1660年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ180cm
  • 横幅162cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 部分的に解体された鹿の近くの犬と猫の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。