作品概要

1582年、アントワープでジャン・ヤウレクイに危うく命を奪われそうになり、妻シャーロッテ・デ・ブルボンに介抱されているウィリアム王子1世》は、画家のニコラース・ピエネマンによって制作された作品。制作年は1840年から1840年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1582年、アントワープでジャン・ヤウレクイに危うく命を奪われそうになり、妻シャーロッテ・デ・ブルボンに介抱されているウィリアム王子1世。王子は負傷し、ベッドに横たわっており、家族や友だちがベッドの周りに集まっている。左では少年がグラスに水を注ぎ、右には犬がいる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ニコラース・ピエネマン
  • 作品名1582年、アントワープでジャン・ヤウレクイに危うく命を奪われそうになり、妻シャーロッテ・デ・ブルボンに介抱されているウィリアム王子1世
  • 英語名Prince William I nursed by his Wife Charlotte de Bourbon after the Abortive Attempt on his Life by Jean Jaurequi in Antwerp in 1582
  • 分類絵画
  • 制作年1840年 - 1840年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ39.2cm
  • 横幅46.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 1582年、アントワープでジャン・ヤウレクイに危うく命を奪われそうになり、妻シャーロッテ・デ・ブルボンに介抱されているウィリアム王子1世の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。