作品概要

ヤン・シックスの肖像》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1654年から1654年で、Six Foundation, Amsterdamに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ヤン・シックスの肖像』(英語名:Portrait of Jan Six)はレンブラントによって1654年頃描かれた17世紀のオランダ絵画の傑作のひとつであり、モデルの私蔵として現代に伝わっている。

当作品はレンブラントと、彼がおそらく1640年代の半ばに出会ったであろうそのパトロン、ユグノー(フランスのカルヴァン派の新教徒)の貿易商人であり、劇作家であり、美術蒐集家であったヤン・シックス(1618-1700)との間に近しい交友関係を示している。

1647年、レンブラントはシックス氏の友人の銅版作品を仕上げ(1647, アムステルダム国立美術館蔵)、その翌年にはシックス氏の劇『メディア』の正面装飾を任されている。1653年、シックス氏はレンブラントから「赤い帽子をかぶったサスキア」(1634, カッセル国立美術館)を含む1630年代の3つの絵画作品を購入しており、また続く1654年にはレンブラントへ1000ギルダーの無利子の貸付をしている。

1654年にレンブラントは氏の肖像を描いたが(ちなみにこの作品は今もシックス家の手元に残っている)、ほどなくして彼ら二人の友情は終わり、後の1656年にシックス氏は彼の婚約者の肖像画をレンブラントの弟子ホーファールト・フリンクに依頼している。シックス氏は数多くのレンブラント作品を所有していたが、当肖像画も氏の直径の子孫たちの手元に残されている。

基本情報・編集情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名ヤン・シックスの肖像
  • 制作年1654年-1654年
  • 製作国不明
  • 所蔵Six Foundation, Amsterdam
  • 種類油絵
  • 高さ112cm
  • 横幅102cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヤン・シックスの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。