作品概要

》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《窓》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1925年に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

ナビ派の創設者の一人

ピエール・ボナールは、ナビ派(ナビは「預言者」という意味)と呼ばれる画家グループのメンバーであり、平らな色の領域を使用し、3次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていた。しかし、ボナールはナビ派のメンバーではあったものの、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

人工物と自然の風景

この作品では、ボナールは南フランスの強い日差しの中で室内と戸外を結びつけている。本作は、画面中央で画家の妻マルトがバルコニーから景色を見ている町、ル・カネの賃貸アパートで制作された。ボナールは1922年、カンヌ近郊の村であるル・カネを気に入り、ほとんど毎年フランス南部で絵画制作をした。1926年にはその地に家を買い、1947年に死去するまでル・カネで過ごし、南フランスの太陽の日差しを浴びた、明るい色調の風景画を描いた。

南フランスの官能性と暖かさはボナールを魅了したが、彼の作品では、豊かな自然を人間のコントロール下に服従させるかのように、窓や玄関を使い、常に風景は囲まれていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名
  • 英語名The Window
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国フランス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ108.6cm
  • 横幅88.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 窓の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。