作品概要

浴室の裸体》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《浴室の裸体》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1925年に制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

描写

この作品は、明るい浴室で浴槽に横たわっている女性の姿を部分的に描いたものである。構成の極端な切り取りと、場面のダイナミックな垂直の形式は、珍しい眺めの裸体画を作り出している。女性の体はキャンバスの下端に沿って切断されており、下半身、左手と脚だけが見えている。

浴槽の白く輝く縁は、キャンバスをほぼ半分に分ける強い垂直線を作り出している。浴槽の横にある鮮やかな色と模様のついた敷物の細い線は、浴槽の端とキャンバスの縁によって生成されるものを繰り返し、描かれた空間の狭さを強調している。

画面左端には、薄い色のローブを着た人物の姿が部分的に描かれている。横顔らしい、キャンバスの上端によって首の下で切り取られたこの立っている人物は、男性のようであり、画家自身である可能性がある。

色と効果

本作は、ボナールの典型的な、豊かな色彩範囲を現わしている。浴槽に浸かるピンク色の裸体、二人目の人物の淡いブルーグレーのローブ、真珠のような縁とエナメル質の浴槽の内側は、藤色を帯びている。対照的に、ラグの黄色、赤、緑の花と幾何学的なデザインは、前景により鮮やかな色を集中させている。

ボナールは、この領域で平坦性を重視した。彼はこれを背景の遠近法的な視点と組み合わせた。そこでは、鮮やかな青色の領域(おそらく低いテーブルに置かれたタオルや衣服)が、部屋の奥行きの感覚を補強している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名浴室の裸体
  • 英語名Nude in the Bath
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国フランス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ104.8cm
  • 横幅65.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 浴室の裸体の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。