作品概要

浴室》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

墓のような浴室

これは、ボナールが彼の妻マルトが浴室にいる姿を描いた連作の一つである。彼女はこのとき50代半ばであったが、画家は妻を若い女性として描写している。彼女は、水療法が一般的な治療法であった結核にかかっていた可能性がある。あるいは、強迫神経症を患っていたのかもしれない。

両端が切り取られた浴槽と壁の構造は、厳密な幾何学的構成を作り出している。それにより、生気が感じられない、ほとんど墓のような効果を生み出している。これはあたかも、マルトの窮状の悲しみを静かに表現しているかのようである。

描写

ボナールは、光の輝かしい効果である「輝き」を発見するため、アトリエの壁に模様付きの銀紙の包み紙コレクションを保管していた。後期作品の浴室の絵画ではすべてが輝いており、視覚の世界は震え、ぼやけているようである(焦点を当てるためには、鑑賞者が絵画の前で前後に動く必要がある)。私たちは、理解する以上に圧倒させられる。妻マルトの姿は、口頭で表現するのが難しい。彼女は壮大で遠く離れた理想の象徴のようであり、同時に直接的すぎる質量のある肉体でもある。

言葉の前にあるもの

彼女は平和的に浮かんでいると同時に、消えゆくようである。ボナールの芸術は、決定的なもの、名前をつけることができるもの、あるいは権威のある解説を示さない。鑑賞者が見続けることにより明らかになるのは、ボナールの絵画に実際に存在するのは、言葉が存在する前に、あるいは単に誰も話さない環境の中にある、まったく言葉以前の領域で考えられる錯覚を提供する機会である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名浴室
  • 英語名The Bath
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国フランス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ86cm
  • 横幅120cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 浴室の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。