作品概要

花咲くアーモンドの木》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1945?年から1945?年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花咲くアーモンドの木》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1945年頃に制作された油彩画である。現在、個人の所蔵となっている。

制作の背景

1941年2月末、ボナールは「今日、最初のアーモンドの木が咲き誇り、ミモザは黄色の斑点を作るようになってきているのを見た」とアンリ・マティスに手紙を書いている。この画家から画家への手紙は、季節の変化への予感と、自然を描くインスピレーションに突き動かされた結果であった。

ル・カネの自宅の庭の風景

1926年、ボナールはル・カネに小さなピンクの家を購入した。このアーモンドの木は、ル・カネのボナールの庭にあったものであり、今でも存在している。「毎年この木はわたしに描くよう要求するのだ」とボナールは述べている。
1945年に制作が開始され、1947年に完成した非常に似たボナール最後の作品は、本作よりやや大きめのサイズ(55.0×37.5cm)であり、パリのポンピドゥー・センターに所蔵されている。

自然の美に対する賛美

ボナールの後期作品である本作は、ボナールの初期作品の特徴であるあいまいな空間錯視や、幾何学的枠組みは見られない。ここには、構成を制御する中心的なモチーフがある。右下にある切り取られた緑色の茂みは、画面外の空間を示唆する唯一のものである。まるで、実物を見て描かなかった以前の作品たちの功績を否定するように、ボナールは完全なる自然の美しさを賛美し、満開のアーモンドの木を直接見て描いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名花咲くアーモンドの木
  • 英語名Almond Tree in Blossom
  • 分類絵画
  • 制作年1945?年 - 1945?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ51.1cm
  • 横幅34.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花咲くアーモンドの木の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。