作品概要

プロヴァンスの花瓶》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1935年から1935年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《プロヴァンスの花瓶》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1935年に制作された油彩画である。現在、個人の所蔵となっている。

夢のような絵画を描いた画家

ピエール・ボナールは、フランスの画家であり、ポスト印象派の前衛画家グループであるナビ派創設メンバーでもあった。ボナールは、素描と記憶に基づいて作業することを好み、その絵画は、どこか非現実的であり、夢のような質を持っている。最もよく知られている室内を描いた作品には、モデルとして彼の妻マルトが描かれていることが多い。色について探求し、色彩を重要視した画家でもあった。

描写

陰影のつけられたアルコーブ(壁のくぼみ)の縁の水平線の枠内、壁の垂直線の中に、暗い棘状の花と葉の入った陶器の鉢が置かれている。花の後ろ側、角度のついた壁にある淡い影は、葉の劇的な闇と黄色と白の壁、棚の間の間色となっている。

多くの視覚的な謎

主題の両側に特徴的に切り取られた2つの謎めいた形がある。左には内側が青いボウル、右には肘と腕を伸ばした腕がある。右上の黒く曖昧な形は、右の人物と視覚的に関連している。

ボナールの作品では、空間的な曖昧性は普通である。ここでは、棚を傾けた水平面上に置いているが、影を落としているにも関わらず、花瓶は丸みのない水平の帯が描かれており、丸い平面へと平坦化されている。皮肉なことに、質量を伴うはずの右側の腕は、影を落としていない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名プロヴァンスの花瓶
  • 英語名The Provençal Jug
  • 分類絵画
  • 制作年1935年 - 1935年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ75.5cm
  • 横幅62cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • プロヴァンスの花瓶の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。