作品概要

僧と巡礼者と農家の女がいる風景》は、画家のアントニオ・フランチェスコ・ペルッツィーニによって制作された作品。制作年は1690年から1740年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

水辺にほうきとジャーを持って立っている女がいる、川の風景。前方では、川の向こう側に巡礼者が座って休んでおり、二人の僧が本を読んでいる。背景は、修道院。SK-C-1356とセットになっている。

家にある絵画、高額で売りませんか?

アントニオ・フランチェスコ・ペルッツィーニと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アントニオ・フランチェスコ・ペルッツィーニ
  • 作品名僧と巡礼者と農家の女がいる風景
  • 英語名Landscape with Monks, Pilgrim and Peasant Woman
  • 分類絵画
  • 制作年1690年 - 1740年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ138.6cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 僧と巡礼者と農家の女がいる風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。