作品概要

月光の下、廃墟の近くで瞑想している僧》は、画家のフレデリク・マリヌス・クルーゼマンによって制作された作品。制作年は1862年から1862年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

月光の下の草ぼうぼうのゴシック式廃墟があり、左には地平線に松の木々の風景と川が見える。右前では、石の上に僧が座っており、彼は瞑想にふけっている。この廃墟はブリュッセルのヴィレ市の小道にある廃墟である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フレデリク・マリヌス・クルーゼマン
  • 作品名月光の下、廃墟の近くで瞑想している僧
  • 英語名Monk Meditating near a Ruin by Moonlight
  • 分類絵画
  • 制作年1862年 - 1862年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ78cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 月光の下、廃墟の近くで瞑想している僧の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。