作品概要

政府の役人、クリスティアーン・エヴェルハルト・ヴァイラント(1746-1829)》は、画家のチャールズ・ホワード・ホッジスによって制作された作品。制作年は1815年から1825年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ガラス精製者(1770)、ベームステルの分極(1775)、海軍委員会の内外権利理事、一員、クリスティアーン・エヴェルハルト・ヴァイラントの肖像画。上半身画。胸には、オランダの国章のライオンの騎士としてのバッジがついている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家チャールズ・ホワード・ホッジス
  • 作品名政府の役人、クリスティアーン・エヴェルハルト・ヴァイラント(1746-1829)
  • 英語名Christiaan Everhard Vaillant (1746-1829), Government Official
  • 分類絵画
  • 制作年1815年 - 1825年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ73cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 政府の役人、クリスティアーン・エヴェルハルト・ヴァイラント(1746-1829)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。