作品概要

1807年1月12日の火薬船爆発三日後のライデン、ラーペンブルグ》は、画家のヨハネス・イェルゲルヒュイスによって制作された作品。制作年は15--年から1807年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1807年1月12日の火薬船爆発三日後のライデン、ラーペンブルグの眺め。前方の橋には、観衆と兵士がおり、男たちが被害者を担架にのせて運んでいる。右には積まれた家具。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヨハネス・イェルゲルヒュイス
  • 作品名1807年1月12日の火薬船爆発三日後のライデン、ラーペンブルグ
  • 英語名The Rapenburg, Leiden, three Days after the Explosion of a Powder Ship on 12 January 1807
  • 分類絵画
  • 制作年15--年 - 1807年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ86cm
  • 横幅114cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 1807年1月12日の火薬船爆発三日後のライデン、ラーペンブルグの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。