作品概要

猫と女性》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《猫と女性》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1912年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

描写

ランダムであいまいな形の傾いた丸テーブルの後ろに座る人物というのは、ボナールの作品によく見られるモチーフである。暗い服を着た女性は、鑑賞者から離れたところで下を見ている。耳をねかせて前足を上げている猫は、より直接的に作用している。

クリーム色のテーブルは、この作品を2つの部分に分けている。背景は、女性がほとんど溶け込んでいるような暗い色の部分と、明るい長方形の2つの部分を含んでいる。右の暖炉は、同じ色合いの左の縦長の部分によってバランスが取られている。

様々なねらいと効果

円という形の関係に注意して見ると、前景のオレンジ、女の手、頭はすべて丸い。ボナールは、テーブル上にも皿などの丸い形のものを注意深く置き、繰り返した。彼はこれらの曲線を、多くの角度のある線と対照させている。

赤い壁の垂直線は、猫と女性のフレームとなっている。猫の体の角度、まっすぐな前脚と扁平な耳は、女性の体が静止しておらず、動いていることを示唆している。彼女はテーブルに向かってやや傾いていて、何かが起こるのを待っているようである。

ボナールは、女性の近くの皿を平らな角度で描きながら、上から見た角度のブドウの鉢を提示することによって、画面底部に不安定で滑るような感覚を作り出している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名猫と女性
  • 英語名Woman with Cat
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ78cm
  • 横幅77cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 猫と女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。