作品概要

オラニエ家の王子が医療福祉孤児院の水害被害者を訪問する、アムステルダム、1825年2月14日》は、画家のマテウス・イグナティウス・ファン・ブリーによって制作された作品。制作年は1825年から1825年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1825年2月14日にオラニエ家の王子がアムステルダムの一時的に占領された神の家で水害被害者を訪問する。将校によって護衛された帝位の王子が中央にいる室内。その部屋は犠牲者でいっぱいになっていて、子供を持つ母親たちもたくさん含まれている。絵画のスケッチ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マテウス・イグナティウス・ファン・ブリー
  • 作品名オラニエ家の王子が医療福祉孤児院の水害被害者を訪問する、アムステルダム、1825年2月14日
  • 英語名The Prince of Orange Visititing Flood Victims at the Almoners Orphanage, Amsterdam, on 14 February 1825
  • 分類絵画
  • 制作年1825年 - 1825年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ64.5cm
  • 横幅80cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オラニエ家の王子が医療福祉孤児院の水害被害者を訪問する、アムステルダム、1825年2月14日の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。