作品概要

オラニエ家の王女がバーソロミュー・ファン・デル・ヘルストの作業場を訪問している》は、画家のヘンドリック・ヤコプス・シュルテンによって制作された作品。制作年は1850年から1870年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

オラニエ家の王女、マリー・アンリエッタ・スチュアート、王子ウィリアム2世の未亡人がバーソロミュー・ファン・デル・ヘイストの作業場を訪問する。背景には1648年の「弓術家の食事」がある。王女は手に扇子を持ち、二人の男と女を連れている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヘンドリック・ヤコプス・シュルテン
  • 作品名オラニエ家の王女がバーソロミュー・ファン・デル・ヘルストの作業場を訪問している
  • 英語名The Princess of Orange Visiting the Work-shop of Bartholomeus van der Helst
  • 分類絵画
  • 制作年1850年 - 1870年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ46cm
  • 横幅59cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オラニエ家の王女がバーソロミュー・ファン・デル・ヘルストの作業場を訪問しているの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。