作品概要

1834年10月19日の地震の期間のボゴール宮殿の正面の景観》は、画家のウィレム・トゥルースト2世によって制作された作品。制作年は1834年から1836年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1834年10月10日の地震の後のボゴールで甚大な被害のあった避難所の正面の景観。地元民は恐怖で芝生に走る。左には逃走する鹿の群れ。前景には看護するボード・ファン・ブラーム夫人。SK-A-4024と繋がる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ウィレム・トゥルースト2世
  • 作品名1834年10月19日の地震の期間のボゴール宮殿の正面の景観
  • 英語名Front View of Buitenzorg Palace during the Earthquake of 10 October 1834
  • 分類絵画
  • 制作年1834年 - 1836年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ52cm
  • 横幅77cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 1834年10月19日の地震の期間のボゴール宮殿の正面の景観の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。