作品概要

オラニエ家の王子ウィリアム5世の死の寓意像、1806年》は、画家のヤン・ウィレム・ピーネマンによって制作された作品。制作年は1806年から1806年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

オラニエ家の王子ウィリアム5世の死の寓意像、1806年。王子の墓の前でオランダの処女マリアが深く悲しんでいる。彼女は天使に慰められている。墓には肖像の胸像があり、二人の幼い天使が腕を保つ。右下にはオランダの獅子が壊れた武器の上で眠っている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤン・ウィレム・ピーネマン
  • 作品名オラニエ家の王子ウィリアム5世の死の寓意像、1806年
  • 英語名Allegory of the Death of William V, Prince of Orange, 1806
  • 分類絵画
  • 制作年1806年 - 1806年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ52.5cm
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • オラニエ家の王子ウィリアム5世の死の寓意像、1806年の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。