作品概要

ヨハネス・グラフ・ファン・デン・ボスの肖像、オランダ領東インドの総督》は、画家のラデン・サリーフ・バスタマン・サラーによって制作された作品。制作年は1836年から1836年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

伯爵ヨハネス・ファン・デン・ボス(1780-1844)の肖像。総督(1830-33)。腰丈、ウィリアム一世王の像のある胸の高さの台の上に右腕を置いて立っている。背景には、ボゴールの宮殿のある風景がある。以前のオランダ領東インドの総督の肖像シリーズの一つ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラデン・サリーフ・バスタマン・サラー
  • 作品名ヨハネス・グラフ・ファン・デン・ボスの肖像、オランダ領東インドの総督
  • 英語名Portrait of Johannes, Graaf van den Bosch, Governor-General of the Dutch East Indies
  • 分類絵画
  • 制作年1836年 - 1836年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ115cm
  • 横幅97cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヨハネス・グラフ・ファン・デン・ボスの肖像、オランダ領東インドの総督の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。