作品概要

ルドルフィア・ウィルへルミナ・エリザベス・デ・ステュラー(1798-1873)、伯爵ヨハネス・ファン・デン・ボスの二番目の妻と彼らの息子リヒャルド・リーウェンハート》は、画家のコーネリス・クルーゼマンによって制作された作品。制作年は1829年から1829年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

伯爵夫人ウィルへルミナ・エリザベス・ルドルフィア・ステュラーの肖像、伯爵ヨハネス・ファン・デン・ボスの二番目の妻と彼らの息子リヒャルド・ザ・リオンハート。羽根つき帽子をかぶる女性が椅子に座っている上半身。少年は腕を母親の方にのせている。SK-A-2166と繋がる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家コーネリス・クルーゼマン
  • 作品名ルドルフィア・ウィルへルミナ・エリザベス・デ・ステュラー(1798-1873)、伯爵ヨハネス・ファン・デン・ボスの二番目の妻と彼らの息子リヒャルド・リーウェンハート
  • 英語名Rudolphina Wilhelmina Elizabeth de Sturler (1798-1873), second Wife of Count Johannes van den Bosch, with their Son Richard Leeuwenhart
  • 分類絵画
  • 制作年1829年 - 1829年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類キャンバスに油彩
  • 高さ87cm
  • 横幅70cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルドルフィア・ウィルへルミナ・エリザベス・デ・ステュラー(1798-1873)、伯爵ヨハネス・ファン・デン・ボスの二番目の妻と彼らの息子リヒャルド・リーウェンハートの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。