作品概要

自画像(1945)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1945年から1945年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

晩年期の自画像

ボナールの自画像のほとんどは、死に至るまで画家に所有されていた。筆を持った自画像(1889年に描かれたもの)の自意識の高い若い画家から、この虚弱な老人の姿まで、ボナールの自画像は画家の人生の激しい個人的記録を提供している。

自画像を通して、ボナールは自己認識と脆弱性の発達感覚と、作品全体の雰囲気と似た彼の肉体と魂の逸脱を明らかにしている。観察者であるボナールは、通常は余暇の良質な世界、豊かさと親密な細部を描いている。しかし、この怪しげな僧侶のようなイメージで鑑賞者が見るのは、仮面のような顔を通して空虚な目をのぞかせ、運命に身を任せた死の近い男の姿である。

描写

左のカーテンのカーブと上下の平行線は、イメージを封じ込めたいというボナールの願望の象徴である。彼の背後には、多くの浴室の作品に描かれているタイルの残像がぼやけている。タイルは空間を圧縮し、彼の作品の多くに典型的な閉所恐怖症的雰囲気を作り出している。

左から差し込む光が、肩と顔の側面、鼻に当たっている。彼の黒っぽい目は空洞の隙間であり、この絵画の絶望感を伝えるのはその無力感である。カーブした肩と垂れ下がる口は、この効果を増している。

眼鏡をかけていないことは、彼を裸であるように見せている。実際に自身の鏡像を描いていたのであれば、この肖像画の霧のような性質は、彼の近視に起因しているのかもしれない。しかし、ボナールは実物を見て描くということをほとんどしなかった。彼の作品のほとんどは、記憶から創造されたものである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名自画像(1945)
  • 英語名Self-portrait
  • 分類絵画
  • 制作年1945年 - 1945年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ56cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像(1945)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。