作品概要

男と女》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1900年から1900年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

画家とその妻を描いた作品

1900年に描かれたこの作品は、1893年にモンマルトルで出会ったピエール・ボナールと彼のパートナーを描いたものである。彼女は家族とのつながりを断ち切った恥ずかしがり屋で引きこもりがちな女性であり、画家のモデルを務めた。彼女は自身の名をマルトと名乗った。結婚式の日、彼女の本当の名前がマリアであることが分かった。彼らは40年以上、人生を共に過ごした。

描写

寝室での二人の自画像ではあるが、ボナールはより普遍的かつ非個性的な《男と女》という画題をつけている。それはすべての男、すべての女を指している。しかし、この作品では、男性と女性は物理的に別れており、背の高いスクリーンが画面を劇的に分割している。スクリーンは、彼らが愛し合ったベッドを切断している。

左には目を伏せたマリアがおり、2匹の猫とともにしわくちゃのベッドシーツの上でひざまずいている。右側では、背が高くやせたボナールが服を着ている。

鏡に映った場面

女性の裸体は柔らかく、思慮深く、官能的ではない。男性はたくましく立っている。わずかな光が暖かく左から照らされているが、作品の雰囲気はもの悲しい。フランス人は、情交という男女のプライベートで楽しい瞬間を、無為に「小さな死」と表現しているわけではない。

男も女も、お互いを見ていない。彼らの思考や感情は、自身の中に閉じ込められている。ボナールは、「感情を描く画家は閉じられた世界を作り出す」と信じていた。左にある鏡の枠は、絵画がその反射であることを意味している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名男と女
  • 英語名Man and Woman
  • 分類絵画
  • 制作年1900年 - 1900年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ115cm
  • 横幅72cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 男と女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。