作品概要

砂遊びをする子供》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1894?年から1894?年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《砂遊びをする子供》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1894年頃に制作された作品である。オルセー美術館に所蔵されている。

屏風の一部

この不思議な形のキャンバスは、画家の死後に解体された折り畳み式屏風の一部、4枚目の部分である。風景で飾られた3枚の他の部分は、現在ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

屏風のための4枚目のパネルについて、その実用的な理由の他に、ボナールが何故こうした砂の城を作るといった別の主題を追加したのか、その理由を説明することは難しい。この4枚目は、別の作品として見ることができる。

日常の場面

この作品は、ボナールのナビ派時代のものである。その間、彼は観察、ユーモア、優しさを組み合わせた筆致で、家族の日常生活からインスピレーションを受け、作品を描いていた。この作品では、鉢に植えられたオレンジの木、階段の縁、うずくまる子供と小さなバケツで示された家の前にある庭の空間のコントラストを、楽しんで描いている。

浮世絵の影響

このようなステージ上の配置、構成は、日本の浮世絵を彷彿とさせる。屏風という形式からしてわかることであるが、ボナールは「日本かぶれのナビ」と呼ばれたほどに日本美術を愛した。彼が特に好んだ浮世絵風の穏やかな色の調和は、中国絵画における瞑想的な共鳴をも本作に与えている。優美にかがむ子供からは、平和の感覚が現われている。とても大きなベレー帽をかぶった彼の頭は、キノコのように奇抜に見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名砂遊びをする子供
  • 英語名Child Making a Sand Castle
  • 分類絵画
  • 制作年1894?年 - 1894?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類テンペラ、キャンバス
  • 高さ167cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 砂遊びをする子供の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。