作品概要

ヴェルノンのテラス》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1939年から1939年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴェルノンのテラス》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1939年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

変わった画風

ボナールは1900年以降、装飾とデザインに関する生来のセンスによって改良された印象派の伝統に、より密接に従うように画風を変更した。彼は物質と形の色を変えるために光を使い続けたが、戸外ではなくアトリエで制作することを好んだ。本作《ヴェルノンのテラス》では、ボナールは色彩の限界や自然観の法則を、納得がいく方法で超越している。

描写

おそらくこの作品は、ノルマンディーとイル=ド=フランスの間のセーヌ川の谷にある彼の家のテラスを描いた最後の作品である。この家は、彼の友人クロード・モネのジヴェルニーの家から、それほど遠く離れていない。1912年に購入してから1939年まで、ボナールは絵画の主題としてこの家を使用した。

彼の快適なブルジョア生活の要素として、果物、ワイン、仲間たちが描かれている。中央の人物の視線は、右の女性のジェスチャーと同様、謎めいている。主人公は、仲間や彼らが従事する仕事よりも、自分の内なる世界に集中している。

舞台としてのテラス

ボナールは家を取り囲む不規則な形をしたテラスの角を描いた。手すりは、庭に降りる階段を示している。テラスは舞台として機能し、庭は幕のむこうに広がっている。人生の終わりに近づくにつれて、ボナールは抽象化に近づき、色と光の効果を得るために対象物を下位に置いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ヴェルノンのテラス
  • 英語名The Terrace at Vernonnet
  • 分類絵画
  • 制作年1939年 - 1939年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ148cm
  • 横幅194.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴェルノンのテラスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。