作品概要

南の風景》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1943?年から1943?年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《南の風景》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1943年頃に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

ナビ派の創設者

ボナールは、ナビ派(「ナビ」は「預言者」と言う意味のヘブライ語)と呼ばれる画家グループの創設メンバーであった。グループが1900年以降に崩壊し始めると、ボナールは鮮やかな色調の野獣派の画家からインスピレーションを得て、色の装飾的、審美的な可能性を探求し始めた。

ボナールは、多くの作品を記憶から描き、正確な人や場所ではなく、瞬間の精神を捉えた。ボナールは実物を見て描いたのではなく、時には写真を撮って、色をメモしていた。彼はその後、アトリエでノートに基づいて作品を描き、色付けをした。

描写

この作品は、ボナールが晩年期に住んでいたル・カネの風景を描いたものである。ル・カネは南仏プロヴァンス地方にある町であり、カンヌ湾を見下ろす丘の町である。ボナールの家は、丘の上にあった。

前景の青緑色の歩道は、明るいモザイク状の背景を定義している。左側にはオレンジ屋根の家があり、背後には遠くにある建物の白い正方形のファサードが見える。キャンバスの表面は斑点のパッチワークであり、上部の密度を増加させ、遠くの水平線を定義する水平線を伸ばしている。濃く、きめのあるパターンを作り出すために顔料を重ね合わせたように、ボナールは色を明るく活発に使用している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名南の風景
  • 英語名Landscape in the South (Le Cannet)
  • 分類絵画
  • 制作年1943?年 - 1943?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ64.1cm
  • 横幅71.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 南の風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。