作品概要

夕食の前》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夕食の前》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1924年に制作された油彩画である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

親密派と呼ばれた画家

ピエール・ボナールは、ナビ派と呼ばれる画家グループのメンバーであり、均一な色の領域を使用し、3次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていた。しかし、ボナールはナビ派のメンバーではあったものの、曖昧な象徴主義の主題には興味がなく、神秘主義者でもなかった。代わりに、彼は周りのシンプルな日常生活の場面に満足しており、魅了されていた。このため、彼は身近な場面を描く画家と言う意味で「親密派」と呼ばれてきた。

また、ボナールにとっては色彩自体が目的であり、世界を体験する方法であった。色はボナールにとって非常に重要であった。

半現実的な日常描写

ピエール・ボナールは、パリ、ヴェルノン、ル・カネといったすべての場所において、自宅の室内、インテリアを描いていた。この作品は、ノルマンディーのジベルニーにあるモネの家からほど近い、ヴェルノンの自宅における夕食時のテーブルの静物画である。登場人物たちは、それぞれが物思いに耽っており、ほとんど対話をしていないようである。ダックスフントだけが、食事とその有益性を予期しているようである。

遠近法を欠いたインテリア、形の平坦化、あたたかい色調の装飾的表面パターンは、ボナールの美学の中心的なものであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名夕食の前
  • 英語名Before Dinner
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国フランス
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ90.2cm
  • 横幅106.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夕食の前の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。