作品概要

開かれた窓》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、フィリップス・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《開かれた窓》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1921年に制作された油彩画である。フィリップス・コレクションに所蔵されている。

部屋の中という主題

個人の家の中の場面は、しばしばボナールの芸術の対象となった。プロットを単純化することで、画家は意図的に、キャンバスの内容ではなく、自分の意図と気持ちを伝えるという形で鑑賞者の注意を引く。

本作《開かれた窓》では、窓が開き、日が差し込む部屋が描かれている。窓の外の青や緑、インテリアの赤とオレンジのコントラストに見られるような、キャンバス内に満ちている色のダンスは、部屋にいるキャラクター、微笑んでいる女性や猫をほとんど不可視のものとしている(犬や猫は、彼のすべての作品に見られる特徴である)。彼女の髪は、椅子の青い背に溶け込むような青みがかったものとなっており、顔は背後の壁と同じように赤い。この女性は、ボナールの妻マルトであると考えられている。

焦点は窓の外

窓の外には、フランス南部の壮大で穏やかな風景が見える。純粋な色、暖かく明るい色の広がりが、画家の特色を伝えている。ボナールのどこか半現実的な作品は、実際に見て描かれるのではなく、記憶から描かれた。本作において、外に開いた窓は、外の世界への憧れの表現となっている。色と光は、ノルマンディーの画家の家を変貌させる。絵画の焦点は、壁ではなく、窓に囲まれた空、葉、そして外の影である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名開かれた窓
  • 英語名Open Window
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国フランス
  • 所蔵フィリップス・コレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ118.11cm
  • 横幅95.885cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 開かれた窓の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。