作品概要

黄昏(クロッケーの試合)》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1892年から1892年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

別荘の庭の風景

《黄昏(クロッケーの試合)》は、ナビ派の創設者の一人であるピエール・ボナールによって1888年に描かれた初期作品の1つである。オルセー美術館に所蔵されている。ボナールは、均一な色を使用し、3次元的立体表現を放棄するというナビ派の原則に従っていたが、象徴主義の主題よりも日常風景の場面を好んで描いた。この作品は1892年に、無審査のアンデパンダン展において「黄昏」というタイトルで展示された。

絵画は、イゼール県のル・グラン=ランにあったボナール家の別荘の庭を描いている。左から右に、義理の弟であり音楽家のクロード・テラス、画家の父、妹のアンドレ・テラス、そして女性の友人が描かれている。背景では、白いドレスを着た5人の若い女性が、熱狂的に踊っている。

浮世絵の影響

本作の大胆な点は、前景の静止効果と背景の活発なシーンとのコントラストだけではない。チェック柄の服は平坦であり、葉の上のコラージュのように敷かれている。ボナールにとって、色彩自体が目的であり、世界を体験する方法であった。

絵画の主題は印象派的であり、田園地帯の鮮やかな夏の喜びである。さらに、ナビ派の仲間に「日本かぶれのナビ」と呼ばれていたボナールは、均一な色と装飾の領域において、日本の浮世絵に触発されたことは間違いないだろう。この絵は、白いシルエットが挿入された様々な緑の自然を描くために口実であった。

家にある絵画、高額で売りませんか?

ピエール・ボナールと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名黄昏(クロッケーの試合)
  • 英語名Twilight
  • 分類絵画
  • 制作年1892年 - 1892年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ130cm
  • 横幅162.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄昏(クロッケーの試合)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。