作品概要

ボート遊び》は、画家のピエール・ボナールによって制作された作品。制作年は1907?年から1907?年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ボート遊び》は、フランスの画家ピエール・ボナールによって1907年頃に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

制作の背景

ボナールは、セーヌ川岸にあるノルマンディーの町ヴェルノンに家を買った後、ボートを買った。それは彼に、印象派以来繰り返されるテーマとなっていたありふれた場面を描く機会を与えた。この作品は、犬と一緒にボートに乗っている妻マルトを描いた3つのバージョンの作品のうちの1つである。子どもっぽい家族的な雰囲気は、心地よい田園地帯、牧歌的なアルカディアのそれである。

画面の真ん中に配置された女性は、花のついた帽子をかぶり、腕に黒い犬を抱え、腰から上を描かれている。どちらもフレームの下端で切り取られている。鑑賞者は、まるでこの切り抜かれたボートの中にいるかのように、この独自の切り抜きによって場面の中に吸い込まれる。

描写

この作品は、ボナールがナビ派の期間を経て印象派に戻ったことを明らかにしている。しかしこれは、人と自然の間の浸透の一種であるタペストリーのスタイルに近い装飾的な絵画という点で、ナビ派の傾向を保っている。色の使い方は珍しく、自然とは言い難い。鮮やかなオレンジ色のボートと黄色の犬は、赤や青の反射を受け、飽和した色合いは淡い色調と混じっている。膨張した空間と、前景と背景との混乱もまた、独特である。1905年以降、ボナールは風景画や静物画、夏の日光と幸福の中にいる人間の姿など、無限のバリエーションを生み出した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール・ボナール
  • 作品名ボート遊び
  • 英語名In a Boat
  • 分類絵画
  • 制作年1907?年 - 1907?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ278cm
  • 横幅301cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ボート遊びの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。