作品概要

骸骨、月桂樹の冠、本、二本の燃えているロウソクがあるヴェニタスの静物》は、画家のヤコブ・ヴァン・カンペンによって制作された作品。制作年は1645年から1650年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アマースフォートのランデンブローク卿の家、ヤコブ・ヴァン・カンペンの田舎の大邸宅にある、九つの部屋の絵のうちの一つ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤコブ・ヴァン・カンペン
  • 作品名骸骨、月桂樹の冠、本、二本の燃えているロウソクがあるヴェニタスの静物
  • 英語名Vanitas Still Life with Scull with Laurel Wreath, Book and two Burning Candles
  • 分類絵画
  • 制作年1645年 - 1650年
  • 製作国不明
  • 所蔵アムステルダム国立美術館 (オランダ)
  • 種類不明
  • 高さ86.6cm
  • 横幅86cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 骸骨、月桂樹の冠、本、二本の燃えているロウソクがあるヴェニタスの静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。